おっさん天使の赤石日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 恋しさとせつなさと心強さと

<<   作成日時 : 2008/04/21 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

昨日は、嫁の実家である高知に行ってました。

嫁の祖母が脳梗塞で倒れてしまい、そのお見舞いが目的です。

嫁の祖母は90歳近いのですが、すごく元気で毎朝家の周りを掃除し、週末には茶道教室を開いていた程でした。

高知の「はちきん」らしく気性も激しく、顔を合わせると小言や憎まれ口しか言わない少々変わった方で、敬遠する人も多かったようです。

年に何回かは遊びに行くのですが、ひ孫の顔を見るなり

「いつ帰るかね?」

というような人でした。
(長く会えないと寂しがっているようなので本心では無いと思いますが・・・)

祖父はおっさんが結婚する前に無くなっており、結婚する前は嫁が同居、結婚後は嫁の弟が同居してました。

数年前に嫁の弟が一人暮らしを始めたので、一人っきりで生活していたようです。

嫁の両親が道路挟んだ別棟に住んでいるので、何やかやと様子は見に行っていたそうですが、基本的に身の回りは自分でできるので、用事があるときだけ呼びつけると言った感じでした。

顔を合わせると一言二言余計に憎まれ口言われるので、家族であっても用事が無いと近づきたくないなぁという雰囲気でした。

それに加えて、嫁の母親自体もいろいろ持病を抱えている方なので、用もないのに毎日様子を見に行くという感じでは無くなっていたそうです。

そんないろいろな状況が絡まって、祖母が倒れたのは月曜日だったらしいのですが、様子を見に行った父親が見つけたのは水曜日という状況だったらしいです。

自ら周りを寄せ付けない環境を作ってしまって「自業自得」と言ってしまえばそれまでなのですが、丸二日誰にも知られず倒れていたかと思うと切ない気持ちがします。

歳も歳なので、病院に運び込まれたときは、いつ亡くなってもおかしくない状態だったらしいです。

連絡があり次第、いつでも高知に行ける準備はしていたのですが、何日経っても連絡ありません。

こちらから連絡すると、どうやらICUからHCUに移ったけどまだ意識は無い状態。

まだまだ安心できる状態では無いけれど、すぐにどうこうなる状態は脱したようです。

で、昨日病院に行ってHCUに入ってみると、何と目を開けて右手を動かしてるじゃないですか?

うちの子供達に手を握らすと握り返してくるし、呼びかけると明らかに視線をこちらに向けてました。

まだまだしゃべれませんが意識ははっきりしているんじゃ無いかと思います。

担当ナースに聞くと目を開けたのは今朝のことで、まだ嫁の両親にも連絡できてないくらいの最近の出来事だったようです。

娘が

「ひぃ婆ちゃん、何て言ってるんやろ?」

と言うと、嫁が泣きながら

「多分『いつ帰るかね?』って言ってるんやわ」

と答えてました。

予想外の回復を見たうれしさとあんなに元気だったお婆ちゃんのやせ細った姿を見た辛さが混ざったものだと思います。

昨晩、息子に事情を話したら、

「まだ中学生の姿見せてないのに早過ぎるわ」

と言ってました。

息子には二度と取り戻せない時間の大切さを伝えたのですが、帰りに嫁の実家に寄り、仏壇の祖父の遺影に向かって

「まだまだお婆ちゃん連れて行くのは早いですよ」

とお願いして帰りました。

家族四様、いろいろ考えさせられる1日でした。


Sweets-Best of Ryoko Shinohara-
Sweets-Best of Ryoko Shinohara-

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
小さな古時計
嫁の実家である高知に行ってました。 ...続きを見る
おっさん天使の赤石日記
2008/08/02 00:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

赤石更新情報

トピックス


天気情報



映画ランキング


映画ニュース



CD/DVDランキング


iTunesランキング


教えて!goo



ゲーム


Ads by Google

恋しさとせつなさと心強さと おっさん天使の赤石日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる